レンタル畑で野菜づくり!~週末農業体験~

「畑のレンタルサービス」シェア畑で野菜づくりを体験。週一通いで農業の勉強はじめました。

ダイコン(耐病総太り、聖護院)13週目。寒さでダイコンを甘くしよう。

time 2018/11/24

ダイコン(耐病総太り、聖護院)13週目。寒さでダイコンを甘くしよう。
Pocket

2018/11/24 シェア畑を訪問した時のダイコン(耐病総太り、聖護院)の様子です。

sponsored link

2018/11/24のシェア畑の様子①

ダイコン(耐病総太り、聖護院)13週目

>>先週のダイコン

ダイコン13週目になりました。

先週は聖護院ダイコンを収穫したので、残りは耐病総太り、聖護院それぞれ一本ずつとなりました。

収穫したダイコン分のスペースも空き、防虫ネットもはずれて、いまはダイコンたちものびのび葉を伸ばしているようです(∩´∀`)∩

↓先週のダイコン(左側が耐病総太り、右側が聖護院)

↓今週のダイコン(左側が耐病総太り、右側が聖護院)

先が防虫ネットでつかえていた葉っぱが本来の形に戻りましたね(*´▽`*)

ほんとに窮屈だったのでしょう(^▽^;)

久しぶりに上から葉っぱの様子を撮ってみました。

↓耐病総太りの上から写真

↓聖護院の上から写真

まあまあ、均一に葉っぱが生長しているみたいですね。

いい生え方です(*´▽`*)

 

次は今週のダイコンの根元の様子です。

↓今週のダイコン(耐病総太り)の根元

↓今週のダイコン(聖護院)の根元

ダイコンの根元は、耐病総太りが幅8cm、聖護院が10cmほどになって、もういつでも収穫できる状態です(*´▽`*)

でも、ダイコンは寒さで甘みが増すらしいので、ちょっとだけ、収穫の期間を空けるつもりです。

とはいっても、あまり収穫が遅れると、スが入ったり(中身がスカスカのスポンジ状になる)、実が割れたりするらしいので、12月中には収穫しようと思います。

ちなみに、なぜ寒さでダイコンが甘くなるのかというと、それは水の凝固点(液体が固体になる温度)が関係しています。

水が氷になるのは皆さんご存知の通り、0℃ですね。

冬になると、池の水が凍ったり、霜がおりたりしますが、これは気温が0℃を下回って、水が氷になっているからです。

でも、水分を多く含んでいるのに、野菜は凍ったりしませんね。

これは、野菜が自分自身が凍らないように、内部で糖分をつくり水分と溶け合わせているからです。

水は砂糖などの物質が溶けると、凝固点が0℃より下がり、凍る温度が下がっていきます。

野菜はこの作用を利用して、寒くなればなるほど、せっせと糖分を作ります。

その結果、寒くなると野菜が甘くなるのです。

面白いですね(*´▽`*)

 

さて、話は変わって、先週から防虫ネットを外していますが、害虫被害はどうだったかというと。

寒くなってきたおかげか、ヨトウムシのようなイモムシ系の害虫被害は、全くありませんでした。

アブラムシはちょこちょこいましたが、先々週のように葉の裏にビッシリではなかったです。

見つけたアブラムシには、油せっけん水を吹きかけておきました(`・ω・´)

先週見かけたナメクジも、今日は見かけませんでしたね。

寒さバンザイです(*´▽`*)

 

ダイコンは充分生長して、いつでも収穫できる状態。

虫の被害も、寒くなってきたので心配しなくて大丈夫そう。

あとは寒さで甘くなったダイコンを、タイミングよく収穫するだけ!

楽しみです(*´▽`*)

>>次回のダイコン

★ランキングに参加してみました!良かったらポチッとお願いします!
       ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング  にほんブログ村


sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このサイトについて

このサイトは、

畑のレンタルサービス(シェア畑)を通して、有機野菜の作り方を学んでいくサイトです。

 

プロフィール

874

874

神奈川在住のシステムエンジニア。趣味で野菜作りを始める。実家は兼業農家なのに野菜作りは全くの素人。将来実家の農地を耕すかもしれないので、勉強もかねてシェア畑で野菜作りを始める。

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

楽天ランキング【花・ガーデン・DIY】



sponsored link