レンタル畑で野菜づくり!~週末農業体験~

「畑のレンタルサービス」シェア畑で野菜づくりを体験。週一通いで農業の勉強はじめました。

収穫後のダイコン区画に、追加でダイコン育ててみます!

time 2018/12/03

収穫後のダイコン区画に、追加でダイコン育ててみます!
Pocket

2018/12/1 シェア畑を訪問した時のダイコン(三太郎)の様子です。

sponsored link

2018/12/1のシェア畑の様子②

ダイコン(三太郎)1週目

>>ダイコン(耐病総太り、聖護院)の収穫

ダイコン(耐病総太り、聖護院)の収穫が終わって、区画が空きました。

せっかく区画が空いたので、もう一度ダイコンを育ててみようと思います。

育てるのは厳寒期でも比較的育てやすい「三太郎」という種類のダイコンです。

・ダイコン(三太郎)

肉質はつまっていて、やわらかい。栽培が簡単な家庭菜園向きのミニダイコン。トウ立ちとス入りが遅く、実割れもしにくいため、収穫できる期間が幅広い。そのため根長も15~30cmのお好みサイズで収穫可能。

耐病総太りや聖護院と比べると、少し小ぶりのダイコンになります。

種蒔き時期は本来ならもうちょっと早い方がいいみたいですが、

今年は暖冬の可能性が高いみたいなので、少し遅れてますが種を蒔いてみようと思います(*´▽`*)

まずは、種蒔き前に耐病総太りと聖護院が植えてあった場所を整えます。

↓収穫後で凸凹、穴だらけ

↓穴を埋めて整地しました

特に追肥の必要はないとのこと。

このマルチ穴のところに、耐病総太り、聖護院と同じように三太郎の種を蒔きます。

1穴に対して4粒の種を1cmくらいの深さで「点まき」です。

隣の種とは、4~5cm間隔を開けて蒔くようにします。

↓ダイコン(三太郎)の種と点まきの様子

種を蒔いたら、土をかぶせて、手でしっかりと土を押させて鎮圧します。

鎮圧した後は、土が占める程度に水をあげます。

流用マルチで、ちょっと不格好ですが、これで種蒔き完了です(∩´∀`)∩

防虫ネットは寒くなってきたので、心配ないかと付けていません。

耐病総太りと聖護院のときは、1週間後には芽が出て、少し大きくなってました。

↓耐病総太り(種蒔きから1週間後)

あの時からかなり気温も下がってきているので、ここまで大きくはならないと思いますが、来週あたり芽が出ているといいかな(*´▽`*)

さて、上手くいくか分かりませんが、ダイコン2回戦目の開始です(`・ω・´)

>>次回のダイコン

★ランキングに参加してみました!良かったらポチッとお願いします!
       ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング  にほんブログ村


sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このサイトについて

このサイトは、

畑のレンタルサービス(シェア畑)を通して、有機野菜の作り方を学んでいくサイトです。

 

プロフィール

874

874

神奈川在住のシステムエンジニア。趣味で野菜作りを始める。実家は兼業農家なのに野菜作りは全くの素人。将来実家の農地を耕すかもしれないので、勉強もかねてシェア畑で野菜作りを始める。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

楽天ランキング【花・ガーデン・DIY】



sponsored link